電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
ヘッダーオファー

治療料金表

治療料金についての考え方
お支払い方法や医療費控除について

治療料金についての考え方

歯科治療には、「保険治療」と「自費治療」の2種類があります。

保険治療は、国民が日本全国どこにいても
平等な治療を受けられるように作られたシステムで、
ガイドラインに沿った標準的な技工材料を使い基本的な治療を行うことが目的です。

一方、自費治療は保険治療では使用できない高機能な技工材料を使用し、
歯の状態や噛み合わせのバランスなどを考慮した、
一人ひとりの患者さんにより良い治療を行います。

インプラントなど、見た目の美しさや
生活の質を向上させるような高度な技術による治療が可能となります。

自費治療の場合、費用・治療内容・治療期間については、
詳しい説明を行った後、どの治療方法にされるのかを患者さんに選んで頂きます。

料金表は下記になります。

前歯の被せ物

▼ クリックで拡大表示できます ▼

※ ★の数は比較の目安です。
※ 保障は定期健診を継続的に受けて頂けている方に限ります。

奥歯の被せ物

▼ クリックで拡大表示できます ▼

※ ★の数は比較の目安です。
※ 保障は定期健診を継続的に受けて頂けている方に限ります。

詰め物

▼ クリックで拡大表示できます ▼

※ ★の数は比較の目安です。
※ 保障は定期健診を継続的に受けて頂けている方に限ります。

入れ歯

▼ クリックで拡大表示できます ▼

※ 保障は4カ月に1回以上の定期健診を継続的に受けて頂けている方対象です。
※ 修理は1万円(税抜)ただし1年以内は無償。

インプラント

インプラント

※ ★の数は比較の目安です。
※ 保障は定期健診を継続的に受けて頂けている方に限ります。

矯正治療

矯正治療

矯正治療

保証に関して

自費診療の治療には、5年間の保証を付けております。
ただし、一定の定期健診を受けられている患者様に限ります。
ご相談下さい。

お支払い方法

自費利用の5万円以上で、クレジットカードのご利用が可能です。

ご利用できるクレジットカード一覧

医療費控除について

歯科の医療費控除とは

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合、
一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

治療にかかった費用は医療費控除の対象になります。
医療費控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、
一年間に10万円以上の医療費が必要になった場合に所得税の一部が戻ってきます。

本人及び生計を同じにする配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を
支払った場合には翌年の3月15日までに申告すると
医療費控除が適用され税金が還付または軽減されます。

ただし、年間お支払いになった医療費が10万円以上でなければ対象となりません。
(申告額は200万円が限度です)所得金額合計が200万円までの方は
所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

控除金額について

控除される金額は下記の計算額になります。

控除計算額

所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。
詳しくは国税庁のホームページをご覧下さい
⇒ http://www.nta.go.jp/

医療費控除の対象となる医療費

  • 医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
  • 治療の為の医薬品購入費
  • 通院、入院の為に通常必要な交通費(電車賃、バス代、タクシー代等)
  • 治療の為に、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による
    治療を受けた際の施術費
  • その他

還付を受けるために必要なもの

  • 確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
  • 領収書(コピーは×)
  • 印鑑、銀行等の通帳

※ 確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。
※ 申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。
ただしサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0792368028へ

診療時間
9:00~12:45
14:00~18:00
/
/
休診日 / 日曜・祝祭日
最終受付:17:00
ご予約・お問い合わせはこちら
はしもと歯科医院の外観
フッターオファー
© 2020 はしもと歯科医院